おでこ ニキビ 悪化

おでこニキビの原因とは

おでこなどのTゾーンのニキビは、特に思春期には発生しやすいです。ですが、大人になってからも、おでこにはニキビはできます。大きな原因としては、古い角質や各線の毛穴詰まりにより、炎症を起こすことです。ですが大人になるともっと厄介なことが絡んできます。メイクをどう頑張っても、目立つ場所に吹き出物があっては台無しです。髪の毛で隠そうと頑張ってはみるものの、髪の毛に触れることで、自体は悪化しがちです。大人になってからも、おでこというパーツに吹き出物ができやすいのは、シャンプーやコンディショナー、整髪料なども大きく関わってきています。さらには、ヘアスタイルも関係をしてきます。さらには、生え際にも近いということで、洗顔料の成分が残っていて、それが原因で悪化するパターンもあります。洗顔料が関わっているのであれば、成分的にも刺激の低い石けんを使うようにすると良いです。それも、顔に直接擦りつけたりはしないで、水を加えてから、よく泡立てて使うようにします。洗顔料をよく泡立てて使用したら、キレイな水で、すすぎ残しがないように洗い流します。洗顔後は、泡が生え際に残っていないか、鏡でチェックしてみるといいです。

おでこをニキビから守ろう

美しい髪の毛を保つためには、シャンプーやコンディショナー、それにトリートメントなどはb必要なものです。そんな美髪を維持するケアアイテムが、おでこニキビを悪化する要因にもなることがあります。髪の毛を美しく保つためには良いのですが洗い流す時には、顔の肌も通過します。この時に成分が、皮膚に残ることで、皮膚の毛穴が塞がれてしまい、吹き出物ができやすい状態になります。バスタイムには、洗う順番にも気をつけてみるといいです。最初に顔を洗ってから、今度は身体を洗い最後に髪の毛を洗うようにします。順番を変えただけではありますが、顔の肌には使用したシャンプー剤やトリートメント成分は、無駄に残らないで済みます。使用するシャンプー剤の成分にも着目して、低刺激なノンシリコンを選ぶといいです。アミノ酸シャンプーや、石鹸がベースのシャンプーも良いです。ヘアスタイルをキープする整髪料は、髪につけるときに、地肌にまで付けないように気をつけることです。頭皮にとっては刺激が強くなります。接触刺激も原因となりますから、髪の毛は肌に触れさせないようなヘアスタイルをすることも、ニキビを予防し、改善するための方法となります。